20世紀末・日本の美術ーそれぞれの作家の視点から | www.nakamurakengo.com |

ブログやるならJUGEM
20世紀末・日本の美術


書籍化
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

はじめに/目次
『20世紀末・日本の美術―それぞれの作家の視点から』は、横浜美術館にて開催された『20世紀末・日本の美術―何が語られ、何が語られなかったのか?』を含め、 書き下ろし原稿を大幅に加えて書籍化されました。 詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

pic

『20世紀末・日本の美術ーそれぞれの作家の視点から』は、美術家の中村ケンゴによって企画されたシンポジウムです。2012年2月24日に、東京は銀座にあるメグミオギタギャラリーにて開催されました。概要についてはこちらをご覧ください。このウェブサイトは、シンポジウムの記録を公開するために開設されましたもので、当日議論しきれなかったことも含め、補足情報も追加しています。現在も情報を追加して内容の充実を図っており、更新情報については、このページで随時お知らせする予定です。[公開:2012/07/23]
 

シンポジムは、1990年代のアートシーンを中心とした年表を作成し、それを元に時系列に沿って議論されました。以下、各年の議論の記録です。
テキスト化・校正:小金沢智(世田谷美術館非常勤学芸員)
 

また、このシンポジウムの続編ともいえる企画が、横浜美術館の奈良美智展の関連トークイベントとして開催されました。

横浜美術館

  • 中村ケンゴ×眞島竜男×永瀬恭一(聞き手:木村絵理子/横浜美術館 主任学芸員)
    「20世紀末・日本の美術 ―何が語られ、何が語られなかったのか?」
    日時:7月28日(土)15:00-17:00(開場14:30)
    ※入場の際に、当日有効の企画展チケットが必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

    トークの模様はUSTREAMで中継されました(録画は公開されていません)。


    Live broadcast by Ustream


 
スポンサーサイト
書籍化
20世紀末・日本の美術ーそれぞれの作家の視点から
copyright: Kengo Nakamura All Rights Reserved. http://www.nakamurakengo.com/


20世紀末・日本の美術
ーそれぞれの作家の視点から
企画:中村ケンゴ
企画協力:MEGUMI OGITA GALLERY
音響機材:NORISHIROCKS
椅子提供:Civic Art
記録:小金沢智
ビデオ撮影:亀井誠治
販売協力:原花菜子
登壇者
眞島 竜男/現代美術作家
永瀬 恭一/画家
中村 ケンゴ(司会)/美術家
楠見 清(ゲスト・コメンテーター)/美術編集者・評論家
目 次
年表作成の為の参照文献
<年表作成の為の参照文献>
BRUTUS 2008年2/15号『すいすい理解る現代アート』/美術手帖 2005年7月号『日本近現代美術史』/山内崇嗣の美術史年表wikipedia『1990年代』FUKUSHI Plaza 『20世紀略年表』
links
PR
RECOMMEND